ときどきヒカリゴケ

ハイポニストヒカリゴケの俳句や生活のこと

月曜日台風の目を見たいと子

山形の兄からお米が届きました✨

いつもありがとうございます😊

 

私の住んでるところ、月曜日に台風直撃のようです。

ハルキッキの学校からは、はやばやと月曜休校のお知らせが来ていました。

 

明日はまた雨戸全部閉めて、植木鉢を玄関に入れなくちゃ。

酷くないといいけど…935hPaって勢力保ったまま来るのなら…💦

 

関東・東海のみなさん、万全な体制で月曜日をお迎えください❗️

「鰭酒」お疲れ様でした

鰭酒そのものを呑むことは叶いませんでしたが、みなさんが書き込んでくれるコメントからイメージが広がり、たくさんの句を作ることができました。

ありがとうございました😊

 

出来栄えはさておき、スランプ脱出ということにします❗️

 

さて、落ち着いて櫨紅葉の初の金曜日を振り返りますと、

・自分の気に入った句だったこ

・以前からファンであるハイポニストさんお二方とご一緒できたこ

その二点がとても嬉しかったです✨

 

お一方は以前こちらにも来ていただいたことのある、さるぼぼさんです✨

遅ればせながら、おめでとうございます㊗️✨

 

もうお一方は、残念ながら交流はないのですが、雪の傍題企画の際スッゲー上手な人いる‼️と驚愕したお方でした。

こんなにお上手なの、ハイポの方ではどんな句を詠んでおられるのかと探してみたり。

そして遡って見ていた薄暑の金曜日に、「やっぱり❗️」と深く納得したのでした。

二度目の金曜日、おめでとうございます㊗️✨

 

あ、語弊があるといけませんので付け加えますと、めいおう星さんやてん点さんや、初期からのハイポニストの方々は、私にとってはもう雲の上の存在なので‼️

ご一緒できて嬉しいんですけど、やっぱりどこか現実味がありません(笑)

「鰭酒」を考える

兼題「鰭酒」

三冬

「ひれざけ」。河豚(フグ)の鰭を炭火で焦がすぐらいにあぶり、湯呑みに入れて熱燗の清酒を注いだもの。蓋をしてしばらく置いた後、揮発したアルコール分をマッチの火で燃やしてから飲む。(俳句ポスト365引用)

 

わー、とうとう冬の季語に突入だ💦

大歳時記ないぞっ。

またネット頼りだぞ❗️

 

自分的に冬という季節は、誕生日くるし、寒さに感性が研ぎ澄まされる感覚があるしで、若い頃は一番好きな季節でした✨

今は…寒さが骨身に染みるので…あの感覚だけは好きだけど(笑)

 

さて、鰭酒。

呑んだことのない代物です。

でも、俳人心をくすぐる酒のようです。

 

組長の鰭酒の記事読んで、笑ってしまいました✨

組長がそこまでアルコール好きだったとは(笑)

可愛らしいです😍

 

さてさて、映像見たり、想像したりしたけれど、鰭酒はやっぱりあの炎かねぇ。

内なるものを投影しそうな青白い炎。

 

好きだった例句

鰭酒のあと濃き闇を見たくなる

                                                  正木ゆう子  

 

水曜まで頑張りましょう❗️

一句一遊「秋園」

以前、一句一遊で私のお便り「できるだけハイポ以外にも送ります」と読まれたのに、次の兼題から送れていないという、ね💧

ダメダメっぷり発揮(笑)

 

そんな訳で、「秋園」一週間分の句友さんの作品をご紹介✨

 

水曜日

紫の花ひそひそと秋の園                     七草

紫の花が風にそよいでいる様子を、ひそひそと表現しています。静かで心地良い秋の園が浮かびました。紫の花が何の花なのかも、読み手に想像させます。

 

鳩飛んで一羽遅れて秋の園              てん点

鳩がバサバサと飛んで、一羽遅れて飛んだ鳩。17音で時間の経過を表現するのは、私にはまだ難しい。描写されてはいませんが、噴水なども見えてくる秋の園です。

 

庭師らの大胆に断つ秋の園                  歌鈴

冬になる前に、雪の重みで枝が折れないよう、庭師らが大胆に断っているのでしょう。庭師らの「ら」が効いて、大きくて立派な庭園が浮かびます。

 

金曜日

たれかれのチェスの駒めく秋の苑

                                                  めいおう星

そびえる古城から見下ろす、秋の苑を行き交う人々。それがチェスの駒のようだと。日本を飛び出して、少し迷路のようなイングリッシュ庭園が浮かびました。

 

ハイポの「鰯」の天に続き、一句一遊でも‼️

そういえば、ハイポは4連続の金曜日ですよね💦✨

めいおう星さん絶好調ですな‼️✨

 

みなさん、おめでとうございます㊗️✨

 

一句一遊、近々では「横這」と「水始めて氷る」が10/22〆切ですね。

ここからはまた参加したいです❗️

ハイポ「櫨紅葉」金曜日

ひええええ、初めて金曜日に残り、地選いただきました(;o;)

嬉しくて、取り乱して、滝沢カレンちゃん並に日本語がおかしくなってます💦

 

以下、同じく地選のめいおう星さんと共に掲載させていただきます✨

 

櫨もみぢ将門の首飛んだとか
                                                  ヒカリゴケ
「櫨もみぢ」に血のイメージを重ねた句もたくさんありましたが、「将門の首飛んだとか」という伝聞の語り口が、ベタ付きを回避。「将門」の入道頭と「櫨もみぢ」が、どこかしら雅な取り合わせのようにも思えてきます。漢字と仮名交り「櫨もみぢ」も心を遣った表記です。

 

あめゆじゆとてちてけんじや櫨紅葉
                                                  めいおう星
一瞬、なんだこの呪文は?と思ったのですが、あ!宮沢賢治か、と気づきました。「永訣の朝」の一節ですね。賢治の妹が、自分の臨終の時に「あめゆじゆとてちてけんじや」と言うのです。「雨雪(みぞれのこと)を取ってきてちょうだい」とお椀を差し出す妹。胸に迫る光景です。
「櫨紅葉」が「喪の色」だという天の一句が、「あめゆじゆ」の句を、我が心と結んでくれたのだなと思います。これもまた一期一会の出会いです。

(俳句ポスト365引用)

 

諦めなくて良かった。

というか、続けられたのは句友さんたちの励ましあってこそです‼️

本当にありがとうございます‼️

ふええええん(;o;)

 

でも、一発屋で終わらないように、これからも頑張ります💦

スランプなんて言ってられねぇど‼️💦

 

めいおう星さん、金曜日のみなさん、おめでとうございます㊗️✨

少し落ち着いたら、ゆっくり鑑賞させていただきます💕

 

そしてそして❗️

一句一遊の「秋園」でめいおう星さんが天との歌鈴さん速報✨

 

めいおう星さん、重ねておめでとうございます㊗️✨

 

朧庵の更新が待たれます🎵

ハイポ「櫨紅葉」木曜日

久々の発表、なんか懐かしい(笑)

 

この時はまだ作れないとかなくて、楽しんで投句してた記憶があります。

人選に入っててくれました✨

 

臍の緒のやうな色した櫨紅葉

 

自分的にまた、これが⁉️というものが選ばれています😅

でもありがたいです✨

 

句友さん達の作品もご紹介✨

(順不同)

 

火星との波長合わせし櫨紅葉

櫨紅葉独りとなりて十年目                  歌鈴

目標とおっしゃっていた人選二句を果たしています‼️✨

おめでとうございます㊗️✨

 

火星と櫨紅葉の組み合わせ、とても面白いです❗️

櫨紅葉はどんな具合に火星との波長を合わせているのか、読み手に想像させます✨

 

太陽の涙ひとつぶ櫨紅葉                  てん点

太陽の涙ひとつぶが櫨紅葉になったという、詩として読ませていただきました✨

歌鈴さん同様、色は言わないまでも、赤い星を取合せた手法、勉強になります❗️

 

櫨紅葉ここが火葬場だった頃       あいだほ

櫨紅葉の真っ赤から、血や死をイメージさせる作品です。

同じ「櫨紅葉」でも詠み手によってぐっと趣が変わります✨

 

多摩日和三号棟前櫨紅葉          めいおう星

漢字のみの作品、個人的に好きなんです✨

多摩日和という造語が、この句の世界観を確かなものにしています❗️

 

市姫の言はぬ言の葉櫨紅葉          卯MOON

初の人選入り、おめでとうございます㊗️✨

 

夭折した市姫、親目線で読みました。

櫨紅葉が悲しく燃えます。

 

櫨紅葉猪のすみ処は里なりし       つぎがい

真っ赤な櫨紅葉、猪のすみ処は山かと思わせておいて、里だったと❗️

捕まってしまった猪、ほんとは食べられるはずだったけど、ひょんなことから飼われることになり、山を恋しく思いながら里で過ごした、という物語的に読みました。

櫨紅葉が郷愁をそそります。

 

木曜日の皆さん、おめでとうございます✨

ヒカリゴケは見た

f:id:hikahika-m21:20171010215338j:image

小池百合子さん🎵

 

いや、それだけ(笑)