ときどきヒカリゴケ

ハイポニストヒカリゴケの俳句や生活のこと

キターーーーーーー‼️

じゃすみんさん、おめでとうございます‼️🎉㊗️✨

 

そういえばアレってどうなったんだ?

と思って開いたブリヂストン俳句、じゃすみんさんがグランプリに‼️✨

 

いつから載ってたの、

みんなもう知ってた⁉️😅

とにかく凄いです、嬉しいですっ😆

こちらまでオリンピックが楽しみ🎵

 

ハンドルや銀河の尻尾捕まえに     じゃすみん

 

「銀河の尻尾」という措辞がとても好きです✨

おめでとうございます✨

ハイポ「炬燵」机くんレポート

つぎがいさん、ありがとうございます✨

下記、掲載させていただきます🍀

ほおお、昔の炬燵には炭が❗️

 

 

炬燵の机くんレポートです。コーヒーブレイク的に楽しんでもらえたら幸いです。

 

・炬燵は室町時代に、禅宗から広まったとも都市で囲炉裏に櫓を設けて炬燵にしたのが始まりともいわれている。夏には板の蓋をするのが一般的だった。
・江戸時代に急速に普及した。木炭が庶民にまで行き渡るようになったのが18世紀になってからなので、当然木炭を使う火鉢や炬燵の一般的な普及もそれ以降になった。江戸時代に木綿布団が庶民に広まったためともいわれている。
・江戸時代に「炬燵を明ける」といって、その年はじめて火を入れるのは十月の中の亥の日で、掘り炬燵をあけて火を入れ、火伏せの神である愛宕神をまつる風習があった。この日にすると火災を防ぐという。
・語源説の一つに柳田国男のケタツ(踏台)があり、魚釣用の軽便な足場という意味のキャタツという語から分かれたものであり、足を温めながらやぐらを腰かけとして使っていたのだろうとするものがある。
・京都では「おこた」という。底冷えの厳しい京都では、一度足を入れたらそこから出るのは容易ではない。
・火鉢は家族だけでなく訪問客も使ったが、炬燵はどちらかといえば家族が使うものだった。掘り炬燵は畳をあげて床下に石を積んだりコンクリートで囲ったりして、その上に木製のやぐらをかぶせて使い、大きさは半畳~一畳ほど。置炬燵はやぐらの中に炭の入った土製の容器を置いて使った。部屋から部屋へ移動して使える点が重宝だった。
・炉は時代とともに(昭和30年代以降)炬燵へと移行していった。炉は炬燵に変化してからも接客の機能はあったが、炊事、採光、乾燥の機能は消滅した。しかし新しく食事の機能が加わった。元々食事は炉のある居室でとっていたが、炉を囲んでの食事ではなかった。炉が炬燵に変わり、炬燵の上に台を置いて、それをテーブルにして食事をとるようになっていった。
・茨城の民話「こたつ」:村のある家で、はじめてこたつを買って来ました。「はじめてのこったから、みんなをよんでやんべ」と隣近所の人を招いて、かわりばんこにすこしずつこたつへ入れてやることにしました。すると、頭からもぐって行って向こうへ抜け、「お先にいただきやんした」。また向こう側の人が頭からこっちへ抜けて、「お先にいただきやんした」。みごもって大きな腹をかかえている女もやって来て、「こたつを買っただなんてめでてえこんだから、腹ん中の子のためにも」ともぐりましたが、途中でつっかえてこたつやぐらを背中へのっけたまんまはいずり廻って、「助けとこれっ」と悲鳴をあげました。
・昔話「こたつ入り」:村人が江戸見物に行き、こたつに入るようにすすめられるが、誰も入り方を知らない。まず、庄屋があいさつをし、着物を脱いで裸になる。そのままこたつの中をひと回りする。あとの者もみんなその通りにするという話。(炬燵というものを知らないことから起こる話。炬燵は室町時代に存在していたが、一般に普及したのは近代になってから。栃木、新潟などの昔話)。


去年の兼題の「炭」とリンクしているんだー!というのが楽しかったです。

松山市俳句大会のお知らせ

昨日、めいおう星さんが教えてくれたので、みなさんにもお知らせしておきます❗️

どなたでも投句できるそうです🍀

 

NHK学園主催

松山市俳句大会

題「人」

投句〆切 12/1日

 

この大会、選者が宇多喜代子先生と組長です✨

 

詳しくは下記のNHK学園のサイト見てみてください🍀

投句用紙もこちらからコピーできます。

http://www.n-gaku.jp/life/competition/etc/docs/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%B8%82%E4%BF%B3%E5%8F%A5%E5%A4%A7%E4%BC%9A2019_Mk2.pdf

ハイポ「無花果」金曜日

なのですが…。

報道で耳にした「愛の葉ガールズ」というフレーズに聞き覚えがあったので、まさかとは思いながら俳句ポストを遡りました。

やはり一時期、愛の葉の方達参加してますよね。

ほのかさんのお名前の投稿も。

 

16歳の若い命が自ら絶たれたこと。

俳句ポストという一点で接点があったこと。

重く、悲しい。

何かできなかったのかと悔やまれます。

心よりご冥福をお祈りします。

 

 

大人はみな同じようなことを言うだろうか。

それでも聞いてほしい。

 

今きみのいる環境が全てではないよ。

世界は広い。

命を捨てようかと思うほど辛い時は、全てを投げ出して逃げていいんだよ。

逃げた後のことは考えなくていい。

どうにかなっていくものだから。

生きてさえいれば、いつのまにか自分の居場所ができて、いつのまにか希望がみつかる。

苦しみだって無駄じゃなかったと、いつか思えるんだよ。

 

 

いちじくやさかむけ剥くやうでこはい

                                                           ヒカリゴケ

「いちじく」の皮は薄くて剥きにくい。というか、剥こうとすると切れてしまうことが多いです。この指の感触は何かに似ている。「さかむけ剥くやうでこはい」というフレーズは、無花果という果物の持つ皮膚感を生々しく呟いています。歴史的仮名遣いの表記も、おどおどしてて、巧い選択です。

 

無花果やてんぐのはなのあじする
                                                          ちま(4さい)
「てんぐのはな」を舐めたことはないけど、「無花果」のカタチをみてたら「てんぐのはな」みたいだな!と気づいたのでしょうね。カタチが「てんぐのはな」に似てるのなら、「あじ」も似てるに違いない。その発想が楽しい作品です。

 

ぽつてりと無花果ふつくらと太陽
                                                           めいおう星
「ぽつてり」と表現された「無花果」は、「太陽」の恵みを受けて太っていきます。「無花果」を太らせる「太陽」はまた「ふっくらと」豊かに秋を育てていきます。「ぽつてり」「ふつくら」という擬態語は、滋味豊かな「無花果」をそのまま描いてて見事。これもまた「無花果」の本意の一つを描いている作品です。

 

無花果や月はでつぷり腫れあがる

                                                           一阿蘇鷲二

無花果や」と強調して、果実をアップしておいて、「月」の光景へとカットを切り替えます。「無花果」も「月」も「でつぷり腫れあがる」秋の夜。美しいさと醜さを同時に持つものとして、描かれている「無花果」と「月」です。(俳句ポスト365引用)

 

金曜日のみなさん、おめでとうございます!

毎度のこと句友さんに助けられます。

いつもありがとう。

ハイポ「無花果」木曜日

人選ニ句ありがとうございます😊

 

いちじくや今宵の自転なまぬるき

いちじくのなか燃えてゐる燃えてゐる

 

今回、三句選・四句選の方々がたくさん❗️

そしてやはり、みなさんの無花果句面白い✨

じっくり読んで楽しみます😃

 

句友さん達の作品もご紹介🍀

 

無花果の下の納体袋かな

無花果やぷかんとネオンテトラ死す

無花果や月から垂れてくる腐臭        一阿蘇鷲二

 

無花果膿んで星の産卵酣に

淋しき重力無花果を甘くする            めいおう星

 

手のひらのいちじく重きひと日かな

無花果や舌にざらりと残る嘘

真夜中の無線交信いちじく食ふ        じゃすみん

 

無花果や火星の長き水路跡

無花果や壁画の女ひざまづき            すりいぴい

 

太陽の毒吸い尽くし無花果熟る

この無花果は神様への賄賂                          歌鈴

 

無花果の熟れゆく午後のタンブーラ

無花果や崑崙山に不死の川               小川めぐる

 

将校より無花果を受くヴィオロン

無花果をモデルの礼に貰ひけり            中山月波

 

いちぢくてふひびきのいたき無花果

腑分けの儀南蛮柿の血の甘さ        冬のおこじょ

 

魚だって眠る無花果だって啼く

無花果や君が産まれる前の恋               桃猫雪子

 

無花果や昔虐められてたでしょ            あいだほ

 

ぬちやと噛む無花果の香消す雨の音     あまぐり

 

無花果ら月の心臓紛れをる                   つぎがい

 

無花果やぜんぶのえだがそらつつく     むらさき

 

無花果を宿す妻かも情あり                   卯MOON

 

無花果常世にありて黄泉のみづ     豊田すばる

 

無花果老いゆく母の手の温み               てん点

 

木曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「無花果」発表weekなどなど

ご無沙汰しててすみません。

元気です。

すっかり遅くなったご報告もいくつかあるので、ダイジェスト版でお届けします。

 

と、近況報告。

先週の三連休を利用して、山梨の笛吹市アバター取りに行ってました。(分かる人には分かるネタ)

萌えた。

 

 

1.ハイポ「無花果」発表week

 

無花果はうちの母の好物で、子供の頃からよく目にする食べ物ではあったんですが、私はあのなんともぼやけた味が好きではありませんでした。

ところがここ数年、松山によく行く(帰る?)ようになってから、なにこれ、こんなに美味しかったっけ⁉️と無花果に開眼した次第でありまして。

西の方が無花果美味しい気がする…。

収穫を夢見て、去年庭に苗木を植えました(笑)

いつか美味しいの成ればいいなぁ。

 

そんな訳で、火曜道場や水曜のお便りを興味深く拝見しつつ、明日からのみなさんの無花果の句がとても楽しみです✨

 

 

2.夏井いつきの「月」の歳時記

 

さう云へばそろそろ月へ帰らなきや

巻末の特選、ありがとうございます😊

掲載のみなさん、おめでとうございます✨

 

 

3.NHK俳句テキスト10月号

この回は「秋簾」と「盆」に送ってたんですが、どちらも没でした。

うわーん。

掲載のみなさん、おめでとうございます✨

 

 

4.角川俳句「平成俳壇」10月号

隔月登場ですな。

それでも嬉しいです。

 

対馬康子先生選・佳作

六分の一の貧困芒種の子

 

星野高士先生選・佳作

目を閉ぢてなほ万緑のひかり降る

 

今回ニ句選で更に嬉しいです😆

またとっていただけるよう頑張ります❗️

ハイポ「胡桃」机くんレポート

つぎがいさんのレポート、下記掲載させていただきます!

いつもありがとう✨

 

 

なんか最近句が思い浮かびにくくて困りますが、自分もレポートを読みながら作りたいです。通販で買った殻付きくるみも明後日届く予定です。

↓↓↓↓↓

・株式会社日本ウォルナットのサイト「くるみ博物館」より抜粋1:胡桃は、黒い実、くるくる転がる実の意味と言われています。
・「くるみ博物館」抜粋2:北半球温帯地域のやや冷涼な気候を好み、降雨の少ない地方に適します。耐寒性は強いけど、夏の強い日差しや高温に弱いです。木は20m以上に達する大木で、葉は羽状複葉で雌雄同株です。初夏に葉の脇から雄花の穂が垂れ、雌花は直立します。
・「くるみ博物館」3:日本には北海道から九州までオニグルミやヒメグルミが自生しており、昔から食用にされていました。江戸時代に中国からテウチグルミ(カシグルミ)が、明治以降アメリカからペルシャグルミが渡来し、栽培されるようになりました。栽培に適した長野県では特に力を入れ、外来2種の交配から、新たに殻が薄く収量の多い「信濃クルミ」という優良品種を作りました。信濃クルミの新品種は、ほとんど東御市で作り出されたものです。現在(2010年?)国内での栽培はカシグルミと信濃クルミが主で、長野県と東北地方で栽培されており、特に東御市を中心に東新地区はクルミの全国生産量の32%(H2年)を占めています。ただし、各地の料理やお菓子には、脂肪に富んだ上品な風味のオニグルミやヒメグルミもたくさん使われ、青森や岩手では栽培出荷もされています。
・「くるみ博物館」4:実は生食、菓子原料、料理に。実の油は食用、香料、化粧品、油絵具に。殻は民芸品、アクセサリー、郷土玩具、工業用研磨剤、自動車のタイヤやブレーキの材料に。殻2~3個を手でもみ脳溢血のリハビリやボケ防止に。青い実(果皮)・樹皮・葉は草木染の染料に。木材は建築用材、家具、きのこ原木などに。樹木は街路樹や庭園樹に使われています。
・「くるみ博物館」5:『~クルミの生産量が日本一といわれてきた東部町、昔はどこの家にもクルミの木がありました。緑色の実をもぎ取り石で割って、手を黄緑色に染めながら薄皮をむいて、白い実を食べた思い出はだれもがもっております。~忘れられないのは物の無い頃母親がこしらえてくれたクルミだれの麺類はおかわりをするほどで、食を増してくれたものでした。~』
・「くるみ博物館」6:くるみは人類最古の木の実。紀元前7000年の昔からすでに食用とされていたといわれ、我が国でも縄文時代の遺跡から発見されたクルミが、DNA鑑定によってすでに野生種ではなく栽培種であったことが証明されています。平安時代にまとめられた当時の医書の集大成である『医心房』にも、「薬餌」としての効果が強調されていました。
・「くるみ博物館」7:写真集 http://www.jpwalnut.jp/museum/seasons/index.html
・「くるみ博物館」8:初期のクルミ(オオバタグルミ)の化石は、三葉虫や恐竜等と同じく、地質年代を示す「標準化石(示準化石)」に指定されています。新生代鮮新世後期(300万年前)から更新世前期(110万年前)まで繁栄しました。日本で最初にオオバタグルミの化石を発見し、学会に発表したのは宮沢賢治です。賢治はのちに「銀河鉄道の夜」で、プリオシーン海岸でクルミの化石を見つける話を書いています。クルミの殻果の進化の画像↓
http://www.jpwalnut.jp/museum/walnut/evolution.html

・みなさん見てるかとは思いますが、カリフォルニアくるみ協会のサイトです。胡桃の栄養素・健康への効果をこれでもかと紹介しています。
https://www.californiakurumi.jp/health
・胡桃の生産者の方のお話です。
https://www.iijan.or.jp/oishii/sp/products/fruit/post-640.php