ときどきヒカリゴケ

ハイポニストヒカリゴケの俳句や生活のこと

初句会、はじめっ❗️✨

カピバラ句会 β版 スケジュール及び投句先のお知らせ」をメールしました。

 

届いてない方はブログのコメント欄にお知らせください❗️

 

 

カピバラ(人のほう)は出張でまた広島。

今回は長くて、帰りは9月1日の金曜日。

土日を家で過ごして月曜からまた広島だと。

 

夏休みの、ちょうどいいとこならみんなで行ったのに…ハルキッキの学校がもうすぐ始まるから無理だ。

残念❗️

暑さが戻りましたね

f:id:hikahika-m21:20170822095340j:image

いつものことだけど、寝相悪すぎです。

 

「櫨紅葉」追い込み中。

発想が飛びませーん💦

「カピバラ句会」参加者募集‼️

突然ですが…

 

このブログでも、小規模で一回完結の句会をやってみようと思います❗️

 

カピバラ句会」と命名しました(笑)
のほほんと気楽に、お湯に浸かった気分で、楽しみながら俳句上達しちゃいましょう‼️

 

さてさて、私にとって初の句会となった「象さん句会」のシステムがとてもスムーズでしたので、当ブログでもGoogleフォームを採用します。

 

このシステムなら参加者以外には句会の内容が見えないので
「自分の句が不特定多数に見られるのは恥ずかしい…」とか
「何かの賞に出したいので…」とか
どちらの心配もマルっと解決です❗️(古っ)

 

同時に、参加者の方は、当句会に投句された句の転載や口外は禁止します。(ご自身の句に関してはもちろん自由です)

 

とまあ色々書きましたが、初の試みなのでスムーズにいかない場合も想定されます。
ですので最初は、本当に小規模でのテスト運用ですね💦

 

3句投句、無理なら1句から🆗
・季題は当季の、無理ならいつでも🆗
・最少開催人数5名、最大10名程度まで
投句開始は「櫨紅葉」の〆切後を考えています

 

やりとりのためにどうしてもメールアドレスを教えていただくことになりますが、この句会以外での使用は致しません。
※句会から参加者へのメール配信はBCCにするので、参加者同士でアドレスが知れてしまうこともありません。

 

「そんなんでも参加してみていーよー」
と仰るきとくなお方がいらしたら、初心者さんでもベテランさんでも構いません❗️

 

下記のフォームへお進みください✨
句会のスケジュールなどは後日追ってご連絡いたします。

 

↓ ↓ ↓
カピバラ句会 β版 参加表明
↑ ↑ ↑

「櫨紅葉」を考える

兼題「櫨紅葉」
晩秋
はぜもみじ。櫨はウルシ科の落葉高木で、紅葉樹が比較的少ない暖地でよく見られる。その紅葉は燃えるような紅葉と言うにふさわしい深紅色をしており、野山で特に目立つ。(俳句ポスト365引用)


兼題はもう晩秋なんですね。
東京はここのところだいぶ涼しいので、少しはアドバンテージか⁉️(ないない)


櫨紅葉の葉は、いわゆる紅葉の葉っぱ🍁ではないのですね。
山で目を惹くあの燃えるような赤が、櫨紅葉なのか普通の紅葉なのかの疑問は残りますが、とにかく詠まなきゃいけませんね💦


イメージ
赤、燃える、火、目立つ、山、孤高、万葉、雅、 美人、蝋燭


好きだった例句
水もまた燃ゆるものとし櫨紅葉   桑田青虎

 

この辺りから発想飛ばして、〆切の水曜日まで頑張ります❗️

象さん最後の結果

全4回の象さん句会、最後の結果が届きました。

毎回のこと、ドッキドキでメール開きます。

 

やはり…

今回はもちろん特選なしの、今までの最低点です。

気合いを入れてと言ったのに情けないですが、無計画旅行しながらのやっつけ感は隠しきれなかったと思います💧

むしろこれまでの3回、頂きすぎた気がします💦

 

ただ、場所の情報を詠んでないのに、私の思っていた場所を想像してくれた方々がいて、それはとても嬉しかったです✨

 

6+3+2+0+0=11

選んでいただいた皆様、ありがとうございます( ´ ▽ ` )

 

象さん句会に参加してみて…

 

選評をいただくこと、自分でも選評を書くこと、どちらもとても新鮮なことでしたし、自分の句が選んでもらえたときの嬉しさは想像以上でした✨

 

そして、皆様が一生懸命作られたであろうお句を、なんとか読み解こうとすること、これもまたものすごく勉強になりました。

貴重な機会をいただけたこと、心から感謝します‼️

また是非参加したいなぁ✨

「蜩」金曜日

きたああああ✨✨✨

 

めいおう星さんはともかく(すいません笑)、あいだほさん快挙‼️‼️‼️

 

これはもう、組長の選評載せていいですよね⁉️

皆様、どうぞお見逃しください( ´ ▽ ` )

 

かなかなや反古悶えつつ火に巻かれ
                                                  めいおう星

「かなかな」の声に煽られるかのように、「反古」が燃え上がります。「悶えつつ」という擬人化は「火」に巻かれている「反古」の様子を映像として切り取ります。中七下五「~悶えつつ~巻かれ」という措辞は、再び上五に戻ってくるかのような印象です。同時投句「かなかなの声さらさらと水の声」にも惹かれました。(俳句ポスト365引用)

 

同時投句まで取り上げられて流石です✨

 

 

かなかなや開かずの蔵に誰かいる
                                                      あいだほ

「開かずの蔵」という言葉そのものがホラーめいていますが、そこに「誰かいる」となれば本物のホラーになりそう。「開かずの蔵に誰かいる」気配に、「かなかな」も騒ぎ出しているのかもしれません。(俳句ポスト365引用)

 

組長の選評に喜びひとしおのことと思います✨

 

さっき「快挙」なんて言いましたが、俳句を始めたばかりだってあいだほさんのような想像力があれば、ちゃんと金曜日に残れるんだってお手本ですね✨

これから投句したものの発表が始まる、START 3poさんの励みにもなるかと思います✨

そして私も「負けてられない‼️」と思ったり、「いや、この想像力は無理だ💧」と思ったり( ´ ▽ ` ;)

 

金曜日の皆様、本当におめでとうございます‼️✨

私もいつか残れるように、自信ないけど頑張りまーす✨

「蜩」木曜日

自分の中で過去最大に悩ましかった兼題「蜩」

今回も人に二句とっていただけるとは…思い掛けない幸運です。

 

ひぐらしの鳴いて来世はわたしの子
蜩のこゑや樹海に増す磁力

 

上の句は気に入ったものの一つでしたが「来世」という観念的な言葉、たぶん引っかからないだろうと思ってました。

下の句は全くの圏外💧

他の気に入った二句はボツか。

 

でも、二句とってもらうことが多くなってます。

まぐれではなく力が付いてきてると思っていいのかな…金曜日には届かないまでも。

 

未だに蜩の迷宮を彷徨っている気分ですが、とにかく、拾っていただけたことは有難いです❗️

ありがとうございます✨

 

句友さん達の作品もご紹介✨

 

かなかなやあれは去りゆく山頭火
蜩や余白しかない絵のやうな   めいおう星

分け入つても分け入つても青い山の、鬼気迫る山頭火が過ぎ去っていきます。

ううむ、どちらの句も唸ります💦

 

ひぐらしや「とろろ蕎麦なら食ふ」と母

                                                      あいだほ

少し体力が落ちたのか、食欲の細くなっている母。

そんな母への不安感や時の流れを感じさせます。

 

蜩は第三森に20匹             ハルキッキ

初の人選おめでとう❗️

虫に関しては流石のハルキッキ先生✨

 

かなかなや迷子を探す道標           歌鈴

子供を探す、という視点は私と似ていました。

個人的には「道標」がなんだかすごく惜しい❗️

ファイトです‼️

 

木曜日掲載の皆さん、おめでとうございます✨