ときどきヒカリゴケ

ハイポニストヒカリゴケの俳句や生活のこと

ハイポ「海の日」金曜日

おおお✨

ちまちゃん何回目⁉️、卯MOONさん2回目、の金曜日‼️

おめでとうございます㊗️✨

 

以下掲載させていただきます✨

 

海の日の魚の骨のような橋

                                                                     ちま

たぶん、ちま(4さい)は「橋」を見て「魚の骨みたい!」と言ったのだと思います。それをお母さんが兼題「海の日」と取り合わせてくれたに違いないと。小さな子どもたちへの俳句指導は、子どもたの言葉に耳をかたむけることから始まります。そして、詩になりそうな言葉をつぶやいた時、「いいねえ!今の言葉、いい俳句の種だよ!」と大げさに褒めてやって下さい。子どもたちは、大人に褒められるとやる気になります。
「海の日」に見つけた「魚の骨のような橋」は、読者の脳内にありありと映像化されます。比喩がそのまま映像を描く。子どもたちの直感的比喩は楽しいものばかりです。

 

海の日や魚も人もほおに肉

                                                              卯MOON

煮付けた「魚」を丁寧に食べていると、「ほお」にも小さな「肉」があるのに気づく。「人も」の「も」が、我が頬にある肉の存在を生々しく認識させます。
明るく健康的な「海の日」のイメージからすると、少々ギョッとさせる内容ですが、「ほおに肉」や「塩吐く臼あらん」のような発想も「海の日」は受け止めるのだなあと、改めて認識させられました。(俳句ポスト365引用)

 

金曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「海の日」木曜日

トップの画像、また歌鈴さんにいただいた写真に替えました❗️

美しい💕

ありがとうございます😊

 

さてハイポ「海の日」。

作った中で1番好きだったやつ、人選でとってもらえました。

ありがとうございます😊

 

海の日の自動改札突破せよ

 

句友さんたちの作品もご紹介✨

 

滂沱たる雫や海の日の水門

静やかに月曳く海の日のタンカー

海の日や闇かぐわしき塩の蔵      一阿蘇二鷲三ピーマン

 

はやくうごくくも海の日のるすばん

海の日のアスレチックの落とし穴        むらさき

 

海の日の櫂をおほきく漕ぎゆけり

海の日やボルトを締むる一捻り        すりいぴい

 

肉キムチに酢をかけ海の日を喰らう

シリアルに弾ける海の日のミルク        つぎがい

 

海の日や帽子真白き鼓笛隊

海の日や貝殻きれいな音立てて        小川めぐる

 

海の日やめくる頁は黎明篇

海の日や豪快に割るカレールー            桃猫雪子

 

海の日にジャンプとおくにみえた海            ちま

 

海の日や海馬の底に母の脈                   卯MOON

 

海の日やクッキー缶へ夢入れよ            あいだほ

 

海の日やそら色の海うみ色の空            あまぐり

 

海の日や砂の始祖鳥恋をして            じゃすみん

 

海の日や島に真水のさらさらと               てん点

 

海の日を来てキラキラと靴に砂        めいおう星

 

海の日の貝殻七個拾ったよ        座敷わらしなつき

 

海の日の客船白し今日は晴れ            豊田すばる

 

海の日やだまし舟を折ってる子                   歌鈴

 

人命救助講習受く海の日               冬のおこじょ

 

木曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「踊」机くんレポート

先日、カピバラが買ったジョージアにこんなものが✨

 

f:id:hikahika-m21:20180711100015j:image

 

穢土転のイタチがサスケに詰め寄っておりました。(ピントどこに合ってるんだ?の写真ですみません)

顔ニヤけて困ったw

 

さて、ハイポ「踊」今日〆切です❗️

まだ出来てないだよー。

下記、つぎがいさんの机くんレポートを見て頑張ります‼️

 

・盆に踊る民俗芸能。祖霊、精霊を慰め、死者の世界にふたたび送り返すことを主眼とし、村落共同体の老若男女が盆踊り唄(うた)にのって集団で踊る。手踊、扇踊などあるが、歌は音頭取りがうたい、踊り手がはやす。太鼓、それに三味線、笛が加わることもある。古く日本人は旧暦の正月と7月は他界のものが来臨するときと考えた。正月は「ホトホト」「カセドリ」などいわゆる小(こ)正月の訪問者がこの世を祝福に訪れ、7月は祖霊が訪れるものとした。盆棚で祖霊を歓待したのち、無縁の精霊にもすそ分けの施しをし、子孫やこの世の人とともに楽しく踊ってあの世に帰ってもらうのである。こうした日本固有の精霊観に、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が習合してより強固な年中行事に成長した。盆に念仏踊を踊る例もあるが、念仏踊は死者の成仏祈願に主眼があり、一般に盆踊りとは別個の認識にたつ。
・15世紀初頭に伏見(ふしみ)の即成院や所々で踊ったという盆の「念仏躍(ねんぶつおどり)」「念仏拍物(ねんぶつはやしもの)」(『看聞御記(かんもんぎょき)』)は、まだ後の盆踊りというより念仏の風流(ふりゅう)の色彩が濃いものであったが、同世紀末に昼は新薬師寺、夜は不空院の辻(つじ)で踊られたという「盆ノヲドリ」(『春日権神主師淳(かすがごんかんぬししじん)記』)は盆踊りの色彩を強めたものであったろう。盆踊りはそのほか伊勢(いせ)踊なども習合することになったらしいが、にぎやかで華やかな踊りで、異類異形の扮装(ふんそう)をしたとあり、まさに風流(ふりゅう)振りである。16世紀中ごろには小歌(こうた)風の盆踊り唄がつくられていた(『蜷川(にながわ)家御状引付(ごじょうひきつけ)』)。江戸時代以降いよいよ盛んになり、全国的にそれぞれの郷土色を発揮して、いまに行われている。
・風流踊りの芸態は、風流拍子物の造り物を中心の「中踊り」に取り入れ、外側には「側踊り」(がわおどり)と呼ぶ輪踊りを伴った。安土桃山時代にいよいよ盛んになり、その様子はいくつかの「洛中洛外図」にいきいきと描かれている。豊臣秀吉の追悼となる豊国廟祭礼の際にピークを迎え、江戸時代になると衰えた。現在の盆踊りは風流踊りの「側踊」のみが残ったと考えられている。
・つぎがいより:盆踊りが江戸時代中期以降?から性的エネルギーの開放の場としての側面が強まり、政府等が取り締まりをしていた、という記事が散見しますが、事実だとも事実でないともいえないような出典・根拠のように思います。
・西馬音内盆踊り
https://www.youtube.com/watch?v=gKbhY2goSA4  
http://ugo.main.jp/bonodori/
・新野の盆踊り
http://www.town.anan.nagano.jp/kanko/cat177/000370.html
http://mg.minami.nagano.jp/group/niinobon
・大宮踊り
http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/1/10/
https://www.youtube.com/watch?v=io874RKI1qM

ハイポ「赤潮」金曜日

もはや貫禄の一阿蘇さん、金曜日おめでとうございます㊗️✨

勉強させてもらいます❗️

 

ラヂヲざりざり赤潮を進むとき   一阿蘇二鷲三ピーマン

「ラヂヲ」の後の「ざりざり」は、ラジオの雑音であり「赤潮」の感触でもあるのでしょう。「赤潮を進むとき」とありますから、船体に触れる「赤潮」が「ざりざり」していると読むべき。「進むとき」という下五の表現が、生々しい感触です。(俳句ポスト365引用)

 

金曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「赤潮」木曜日

乾さん、カッコイイというか可愛いというか、好きです😍

W杯、夢と感動をもらいました✨

 

月〜水をまだちゃんと見れてないんですが、ハイポ「赤潮」week始まってます!

 

三箇所の赤潮採取のち白衣

死んでゆく匂ひ赤潮の空は

 

久しぶりに人選ニ句でした!

ありがとうございます😊

 

句友さん達の作品もご紹介✨

 

出張の赤潮野次馬の気分

赤潮やぼやいてるらし広東語     一阿蘇二鷲三ピーマン

 

赤潮やここに住まうなてふ石碑

釘舐めて大赤潮の年のこと                   あいだほ

 

赤潮やでらでら大群の海星

赤潮の空は焦げたり無人島               じゃすみん

 

赤潮に洗はれてゐる兇器かな

赤潮や少女に黒き昼のあり               すりいぴい

 

赤潮や赤はいつから錆になる

赤潮も髄を抜く歯も生臭し                   卯MOON

 

赤潮や五基目の生簀沈下せり

赤潮や火星の波長乱れおり                          歌鈴

 

赤潮や世界は螺旋で出来てゐる

赤潮や踏めば病気の分かる石            小川めぐる

 

赤潮人間失格二冊買ふ

赤潮の小瓶ぞんがい澄みにけり            桃猫雪子

 

赤潮やそれは青春捨てた色                       てん点

 

湧く雲の下に撓める赤潮や                   あまぐり

 

赤潮やばくはつするぞそらにげろ               ちま

 

赤潮やなまあたたかき夜の煙               つぎがい

 

赤潮やうみがおこっているんだね        むらさき

 

赤潮は夕日の涙ぽろんぽろん      座敷わらしなつき

 

赤潮視察先生の帽子は黄               冬のおこじょ

 

木曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「夏草」机くんレポート

大変ななか、つぎがいさんがまとめてくれたレポート✨

私ももうひと頑張りします❗️

 

・草と木の違い:大きくならない木もあれば、大きく育つ草もあり、大きさで区別することはできない。生物学では形成層の有無によって木(木本)と草(草本)を区別している。季の樹皮の内側には薄い形成層と呼ばれる組織があり、形成層が成長して幹が年々太くなるのに対し、草は形成層がなくある程度成長すると茎(木の幹に相当する部分)は太くならなくなる。植物学では木と草に本質的な違いはないとしている。(HP「違いがわかる事典」より)
・yahoo知恵袋などでは、一年で花が咲き種が出来て地上部が枯死するのが草、とも。
・愛知県新城市の昔話「五郎作弾正の墓」:吉祥山登山道の中ほどに、五郎作弾正の墓という石塔があります。これは長篠戦いのとき、武田方の軍と戦って討ち死にした野田城の勇士だということです。夏草の茂みの中にたつ五輪塔ですが、誰がたむけるのか、野の花がかざられています。
・昔話「猿聟入」のあらすじ(つぎがい訳。間違ってたらすみません):おじいさんが夏の暑い日に“火野さ豆”の草取りに行ったら、おじいさんが取りきれないほど生えていた。「暑い暑い。この豆の草を取ってくれる人がいたら、うちの3人の娘の1人をやるんだけどなぁ」。すると、猿が出てきて「娘をくれよ」と言ってまたたくまに草を取った。おじいさんは長女と次女にお願いすると、2人は嫌だと言った。三女のお花は了承して、猿にもらわれていった。次の年の節句に「節句礼に行きたい」と猿は餅を搗いた。お花は「餅を重箱に入れるのも朴葉に包むのも嫌だ、臼のまま持って行ってほしい」と言うので、猿は臼を背負ってお花と行った。途中の川に桜が咲いているので「おじいさんが桜を好きだから、臼を背負ったまま桜の枝を取ってほしい」とお花が言った。猿は臼を背負ったまま桜の枝を取ろうとして、川に落ち、「猿沢に流るる命おしくはなけれども あとにのこりしお花こいしや」といって流れていった。お花はおじいさんの家に行って顛末を伝えると、「お前は親孝行だからこの家をゆずるよ」とおじいさんは言った。(つぎがいの感想:猿が哀れ)
本文はこちら↓
 http://www.t-bunkyo.jp/library/minwa/archives/kawasaki/text/12.html
・昔話「大白川のちな橋」
http://shirakawa-go.org/kankou/mukashibanashi/mukashi13/1838/

ハイポ「虹」木曜日

滴りながら投句した「虹」、諦めずに送ってて良かったです。

人選ありがとうございます😊

 

亀仰ぐ虹にアダムの知らぬ赤

 

しかし今回のみなさんの選ばれようが凄まじい‼️

人の3句選、とんと見ていませんでしたが、4句選は初めて見ました✨

阿蘇さんおめでとうございます㊗️

 

そんな句友さん達の作品もご紹介✨

 

真珠てふ虹の卵を海に還す

忘却の友の名いくつ虹きれい

やぎの乳繁吹き眼下は虹の谷

触診す虹に触れにし龍の子を      一阿蘇二鷲三ピーマン

 

片足を湖に浸して夜の虹

ガラス壜に飼ふ白日夢と虹と            じゃすみん

 

夕虹や売らるる豚の振る尻尾

虹立ちて獏は見てゐる獏の夢            すりいぴい

 

木道の風ふつくらと虹の橋

レモンティーの零れる匂ひ虹二重            てん点

 

享年5才猫のマサムネ渡る虹

虹懸くや天穹は透くことに倦み        めいおう星

 

傘折れて虹はつなぎめのない円

子が翔んだブランコ虹へはねあげて    卯MOON

 

35億年前虹は立ったか明日も立つか

虹の立つかすかな音へ猫の耳                       歌鈴

 

探し物は何です虹ならそこに

硫酸の匂ひのせし虹の根元            冬のおこじょ

 

夕虹の湾岸ギアをローにして               あいだほ

 

黒瓦のんちゃんの家に虹生まる            あまぐり

 

三色の虹初めてのミントガム               つぎがい

 

虹の白は昔天馬に食べられた     座敷わらしなつき

 

リュウグウノツカイは虹になりたくて     小川めぐる

 

虹立つやシベリアルート上昇中            桃猫雪子

 

前回の紹介からアップのみになっててすみません。

木曜日のみなさん、おめでとうございます✨