ときどきヒカリゴケ

ハイポニストヒカリゴケの俳句や生活のこと

ハイポ「鮃」机くんレポート

つぎがいさん、いつもありがとう😊

掲載させていただきます✨

 

 

とりあえず机くんレポートです、みなさんの感性を邪魔せず、リフレッシュになりますように。

↓↓↓↓↓
・ヒラメやカレイは孵化後10日目くらいまでは普通の魚と同じ形。その後、目の移動が始まり、30日目頃で右目は背ビレの直前・頭部の正中線上へ移動し、40日目には移動が完了して親と同じ目の形になる。
・水深50~200mの砂地に生息。夜行性。カレイは砂の中のゴカイやソメイなどを餌とし、ヒラメは小魚やイカ、エビなどの遊泳魚を捕食する。ヒラメはカレイと違って口が大きく鋭い歯を持っている。漁師の指先に食らいつくほどどう猛なヒラメを「テックイ(手食い)」「オオグチ」、1mを超す大型魚もいることから「トイダ(戸板)」と呼ぶ地方もある。釣りでは30㎝ほどの小さなヒラメを「ソゲ」、70㎝くらいから「座布団(ヒラメ)」と呼ぶ。
・昔は「ひらめ」とは東京近郊だけで使われていた言葉で、関西では「かれい」と特に区別されていなかった。江戸時代の江戸では大型のものを「ひらめ」、小型のものを「かれい」と呼んでいた。
・旬は産卵前の秋~冬場で、寒びらめと呼ばれる。産卵後には身が痩せてしまうため、「三月ひらめ」「夏ひらめ」と呼ばれ、「夏ヒラメは猫マタギ」のように季節外れといわれる。3㎏くらいまでのものが美味しく、それ以上のものは大味となる。
・ヒラメは捕食のためにえんがわを使ってよく泳ぐ。
・旨味成分のイノシン酸が豊富なため、淡泊でありながら濃厚な味わいがある。
・ヒラメやカレイは表側の色を生育環境に合わせて変えることができる。まず視覚で周辺の海底の色調を認識し、体表の色素細胞を周辺の色調に同調させる。裏側(無眼側)は、天然物は真っ白い、養殖は黒い斑点がある、例外として底に砂を敷いた水槽で10㎝くらいまで成長させた養殖放流したものは真っ白い。
・オスは約2年、メスは約3年で成熟する。寿命はオスが19歳以上、メスが20歳以上。
・ヒラメの漁獲量はH27年28年では宮城、青森、北海道が多く、次いで千葉、茨城が多い。長崎県の平戸は1月から4月の漁期に合わせて「ひらめまつり」を行う。
・ヒラメの養殖も盛んに行われ、H27の総量の24%を占めている。ただ1997年をピークに養殖量は減り、現在はピーク時の1/3程度。
・ヒラメの消費量は景気の悪いときには落ち、景気のいい時は上がる。2011年にクドア食中毒(クドアという寄生虫がヒラメにいることがある。)がニュースになった後は消費量が落ち込んだ。(クドアは大体養殖のヒラメに寄生しているといわれる。現在はクドアへの対策が行われており、あまり神経質になる必要はない)
・ヒラメを県の魚としている県は、青森県茨城県京都府鳥取県、福岡県、長崎県
・刺身や寿司、ムニエルなどで食べる。ヒラメの漁獲量の多い地域では、漬け丼が名物になっている。
・稀に、目の位置が通常とは反対側にある(カレイのような)逆位のヒラメが見つかる。実は逆位は人工種苗に比較的多く出現する。

鎌倉散策

金、土で鎌倉へ行ってきました。

 

台風の塩害で、紅葉は残念な感じだった。

f:id:hikahika-m21:20181211094511j:image

こんな風に、縁取ったように葉の外側の枯れが目立つ。

塩めっ。

 

昼に合わせて到着したので、気になってたカレー屋さんにやっと行けた✨

f:id:hikahika-m21:20181211094735j:image

OXYMORON(オクシロモン) オナリ店

 

コマチ店は混んでるイメージだったのでこっちにしてみたら、開店直後だったからかすんなりカウンターに座れた。

1人は身軽でいいやね。

 

長年夢見てきた、パクチー好き必食の「エスニックそぼろカリー」✨

よく混ぜていただきます。

うまっ、うまーっ‼️

カレーと香草たちのマリアージュやぁ✨

パクチー苦手な人には「和風キーマカリー」もあったよ。

ここへはまた必ず来るだろう。

 

f:id:hikahika-m21:20181211095457j:image

浄妙寺

古都を散策してると抹茶飲みたい気分になる。

そんなわけで、まんまと抹茶の飲める喜泉庵に吸い込まれる。

f:id:hikahika-m21:20181211095638j:image

生菓子半分くらい食べてから写真撮ることを思い出した。

(アップにしたら分かる)

f:id:hikahika-m21:20181211095831j:image

ここは、水琴窟の音を長い竹の筒で聴くことができる。

水琴窟めっちゃ好き💕

ずっと聴いてたい✨

 

f:id:hikahika-m21:20181211101059j:image

正座辛い人には椅子席もあります。

f:id:hikahika-m21:20181211101429j:image

綺麗なお庭を眺めながら、水琴窟の綺麗な音を聴き、抹茶とお菓子…なんという至福。

 

f:id:hikahika-m21:20181211104148j:image

帰りに野良さんが寄ってきてくれた。

鎌倉、江ノ島辺りの猫さんはこういう顔の子が多い。

怖い顔に見えるけどとっても好意的なのだ💕

構ってーって言っておる。

 

鎌倉いいなぁ、住みたいなぁ、とか思うけど、これは観光客目線であって、実際住むと常に人が多いし、湿気多いし、子供の学区とか信じられないくらい広いし、でいろいろ大変らしい。

 

二日目。

f:id:hikahika-m21:20181211101931j:image

江ノ電

 

f:id:hikahika-m21:20181211102359j:image

定番の大仏。

土曜なので昨日より圧倒的に人が多い。

海外の方も多い。

 

この旅でもう一軒行ってみたいお店があって、地図を見ながら経路を考えてたんだけど、大仏からそこへは「ハイキングコース」を通ればショートカットになりそうな気配。

f:id:hikahika-m21:20181211102013j:image

てことで、この階段を登り始めたのだが…

少しして察した。

鎌倉のハイキングコースというものを甘くみていたということをw

f:id:hikahika-m21:20181211102908j:image

道はだんだん険しくなる。

というか、この先は一歩間違えば命の危険のある斜面をいくつも通ったけど、必死すぎて写真撮るの忘れた😅

時折すれ違う人と挨拶を交わすけど、みなさんそれなりの服装…私、明らかに場違いな格好にパンの袋ぶら下げてここを歩いておりますわ(笑)

 

30〜40分くらい歩いただろうか、やっと看板出てきた。(絶対遠回りだった)

f:id:hikahika-m21:20181211103344j:image

漢字だけど、組長と同じお名前✨

 

f:id:hikahika-m21:20181211103641j:image

鎌倉のラピュタと有名な、樹ガーデン✨

f:id:hikahika-m21:20181211103738j:image

f:id:hikahika-m21:20181211103753j:image

疲れたけど爽快✨

ディープ鎌倉、今度はそれなりの装備で来ようと思う。

「俳句王国がゆく」放送日のお知らせ

ここのブログメンバーが、現れる⁉️

内容はお楽しみですが、見逃せない番組が近づいてきてます‼️

 

俳句王国がゆく」

日時:12月16日 (日)  14:30~

放送局:NHK Eテレ

 

必見の回ですぞ✨

ハイポ「重ね着」金曜日

やっぱりー!

昨日いなかったメンバーがみんな✨

おめでとうございます‼️㊗️

 

下記、掲載させていただきます。

 

重ね着ちくちく読経いよいよ佳境らし

                                                           一阿蘇鷲二

本堂は寒いからと親族一同喪服の下に「重ね着」しての法事を想像しました。いつもは着ないモノを念のためと着込んでみたら、首のあたりが「ちくちく」する。「ちくちく」と足の痺れに苛まれてきたが、和尚の「読経」も「いよいよ佳境」に入ってきたような気がする。小さな安堵が広がり始めている「重ね着」です。
同時投句は、以下それぞれの味わい。やはりこの作家は巧い。「重ね着の腹に病ひの猫眠る」「重ね着て産後の馬の様子見に」「重ね着の最後の穴を抜けにけり」

 

重ね着や波は自傷を繰り返し

                                                              あいだほ

「重ね着」と光景を取り合わせるのは案外難しいのですが、波打ち際の光景を巧く描いています。「波」が寄せては砕けていく様子を「自傷を繰り返し」と比喩。冬の冷たい光が砕け散るさまが痛々しく表現されています。この比喩から、「重ね着」の中に隠している手首にも自傷の傷があるのかも、と深読みを始める読者もでてくるのちがいありません。
同時投句「厚着して10対0の事故現場」「山荘のプードル誰よりも厚着」共に場面をありありとスケッチしています。

 

重ね着空きつ腹詩はいつだつて黎明期
                                                           めいおう星
「重ね着空きつ腹」を長い上五として置き、中七下五で「詩はいつだつて黎明期」とリズムを取り戻します。貧乏で腹を空かせていて、でも「詩」を書きたい表現し続けたい。そんな滾る思いを腹に溜めている。「詩はいつだつて黎明期」という言葉に元気づけられます。ワタシたちの、俳句という17音詩も「いつだつて黎明期」だぞ!という気概をもって続けていきたいものです。
同時投句は愉快。「重ね着の仕上げに呼べば猫来る」(俳句ポスト365引用)

 

金曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「重ね着」木曜日

人選二句ありがとうございます😊

 

薔薇色の嘘と知りゐて重ね着ぬ

重ね着ぬうさぎになつてしまひたく

 

嫌な思い出系はとられなかった。

活かせなかったなぁ。

 

句友さん達の作品もご紹介✨

 

重ね着の分少しだけ人みしり

重ね着にふんわり埋まる休養日            つぎがい

 

重ね着を乗せ鉄色の石畳

マイちゃんの重ね着こうも違うのか    小川めぐる

 

重ね着を脱ぎて肩甲骨の自由

観劇の差し色は朱や重ね着す            豊田すばる

 

重ね着の袖口より落つ錠剤

重ね着のなかに五歳の母のおり    クラウド坂の上

 

重ね着て牛車のやうにゆるやかに

重ね着て僕を見てゐる象を見る        すりいぴい

 

重ね着のあかちゃんの名前はぽぽちゃん

重ね着の赤ちゃん寝返りできない               ちま

 

重ね着やわたしも虫も大空も

重ね着や舌をつんつん大人の歯            むらさき

 

重ね着や羊水満ちる正中線

重ね着を脱ぎてギプスに獣臭               卯MOON

 

重ね着やだるま悲しく起き上がる

重ね着てひとりぼっちがふくらんだ     中山月波

 

重ね着しけふ死すなどと思はんや               歌鈴

 

重ね着す穴へ入りたい時など        冬のおこじょ


重ね着の心臓にあるアップリケ            桃猫雪子

 

重ね着を剥がし救命士の苦笑い            あまぐり

 

重ね着を剥がしてまろき君の声        じゃすみん

 

いつものメンバーが数名見当たらないのは明日くるパターン?🍀

それとも出し忘れ?💦

 

木曜日のみなさん、おめでとうございます✨

ハイポ「重ね着」発表week

北海道から姉一家が来ています✨

お兄さんにはめちゃくちゃ久しぶりに会いました❗️

最後に会ったのはいつだっただろう…

20年くらい経つような気が…(遠い目)

そんなわけで、久しぶりにみんなでご飯食べて楽しみました✨

 

さて、ハイポ「重ね着」

私は母にとって歳いってからの子供なので、なんとも心配だったのか、寒くなってくるとやたらと服着せられてたんですよ😅

それが窮屈で、嫌で嫌で💦

そんな感じの、嫌な思い出ばかりが浮かんできた兼題でした(笑)

どうなることやら。

ハイポ「炬燵」金曜日

すりいぴいさん2回目かな⁉️✨

阿蘇さん7連続の金曜日、おめでとうございます㊗️✨

下記掲載させていただきます。

 

聞分けの悪い炬燵を飼うてゐる

                                                           すりいぴい

「聞分け」が「悪い」のは「炬燵」ではなく、我々人間のほうなんだけど、こうでも言わないと「炬燵」から抜け出せないのだね。「飼うてゐる」という擬人化が鼻につかないのは、「聞分けの悪い炬燵」という存在への、怠惰な共感のせいか。

 

炬燵を少し離れて四方に家具の立つ

                                                           一阿蘇鷲二

馬鹿馬鹿しいと思う読者もいるかもしれません。「炬燵」を「少し離れて」いる辺りの「四方」に「家具」がそそり立っているのです。小さな部屋の真ん中にちんまりと置かれた「炬燵」、部屋の「四方」をかためるように置かれた家具。「炬燵」に足を突っ込んで、「家具」を見上げているに違いない作者までが、否応なく見えてくる。これも立派な俳句です。(俳句ポスト365引用)

 

金曜日のみなさん、おめでとうございます✨